top of page
  • 執筆者の写真宇佐見 義尚

2月の「子どもワクワク食堂」

  「子どもワクワク食堂」2月のお知らせ


日 時:2月18日(日) 10時30分から1時

※雨天の場合は内容、開催場所が変更になります。

内 容:菊芋掘りと動物ふれあい牧場

場 所:小河農園&どうぶつふれあい牧場

    集合場所はあさひ第二保育園の駐車場

    (大久建鉄さんの駐車場)です。

    安中市後閑1393-1

費 用:子ども(学生含む)無料、おとな 300円

定 員:30名

連絡先:090-8041-7622(今村)


※詳細情報は決定してから告知いたします。

 保険加入、利用スペースの都合上、予約制 です。


持ち物:水筒(飲み物)、軍手、長靴、上履き、エコバッグを

    お持ちください。

こども食堂は全ての子どもたちのためにあります。

だれでもいつでも参加大歓迎です。

ぜひご参加ください。

 お弁当、飲食物等のアレルギー対応はしていません。

ご了承ください。


​※参加者のみなさまへ

 コロナ状況落ち着いてきましたが、団体イベントでの

 感染予防のため、参加前の体調管理、体温チェック、

 手指消毒にご協力をお願いします。

 マスクの着用は各々の判断でお願いします。



 

2月18日「子どもワクワク食堂」





1月の予定が雪で順延となった「菊芋掘り&動物ふれあい体験」開催の今日は2月とは思えない暖かい一日となりました。


大久建鉄さんの駐車場に10時半集合参加者のみなさん全員がそろうまで先に来ていた子どもたちはお菓子掬いゲームをしたり、ディズニーのカレンダーをもらったり、おしゃべりしながら待っていました。



10時半にみなさんそろって小河農園の菊芋畑へ。

スコップでいっしょうけんめいに土を掘ったところを探すと

「あった~、菊芋」。

農園の小河くんがトラクターで掘り起こしてくれた後ろには、

大小の芋がゴロゴロあってみんなでカゴに集めました。

ほんとうに暖かい一日で、芋堀をしていると暑くなって

上着を脱いでいた参加者さんもいました。

参加者とスタッフの間では「どうやって食べるの?」

「以前、スライスしたものを素揚げして試食したら美味しかったですよ。」「コンソメスープやポタージュに。」とレシピの情報交換もありました。

小河君、いっしょうけんめい作った菊芋の提供、

準備、レクチャーなどいろいろありがとうございました。



その後はすぐ隣のONIONI牧場へ移動して動物ふれあい体験です。ミニブタ、羊、ポニー、ヤギ、にわとりたちにエサをあげました。

柵の外につながれていた羊さんはなでることが出来て、

「さすが羊毛、あたたかいねぇ」というスタッフの感想^^;最初は怖がっていた子どもたちもそっとなでてみたら

「あっ、だいじょうぶ、静かな羊さんだね」

ONIONI牧場さんで用意してくださっていたエサが

置いてある場所と動物のいる場所を何度も行ったり

来たりの子どもたち。「いっぱい食べるね。」

「手から食べたよぉ~」となかなか出来ない体験を楽しんでいました。鬼形さん、ありがとうございました。

そしてお昼は、今回もわんぱく子ども食堂さんに

お願いしました。配達してくれて参加者さんひとりひとりに

手渡ししてくれました。

駐車場にレジャーシートを敷いてみんなで会食。

ボリューム満点のササミと骨付き鳥のスティックと

エビのフライ、お惣菜も美味しかったです。大塚さん、いつもありがとうございます。ごちそうさまでした。

ランチを終えて解散。まだ遊び足りない子どもたちは

だるまさんが転んだや追いかけっこをしていました。

今日は「前橋のふらっと子ども食堂」の代表の大学生さんが、

子どもワクワク食堂に参加して下さいました!一緒に子どもたちと楽しんでいただき、

意見交換したり交流したりできました。

子ども食堂同士の輪の広がり、とても有意義な時間でした。ありがとうございました。

また、高校生ボランティアの二名が受付や子どもたちのサポートと、大活躍してくれました。

子どもたちと年の近い学生さんの参加は

雰囲気がより明るくなっていいですね。

ありがとうございました。またの参加をお待ちしていますね。

参加者のみなさん、ボランティアの学生さん、

スタッフのみさなん、お疲れさまでした。

ご協力頂いた方々(順不同、敬称略)ONIONI牧場、大久建鉄、小河農園、わんぱく子ども食堂、上原写真館、柳沢政之、田中晃さんのフードドライブ、安藤眞樹、群馬フードサービス、つかいみちを選べる赤い羽根、群馬県私学・子育て支援課、安中市子ども食堂連絡協議会、安中市子ども食堂応援隊、ファミマフードドライブ、農民連、その他匿名の皆さん いつもありがとうございます。






最新記事

すべて表示

Kommentare


bottom of page