​無料で食材バイキング

2020年7月4日(土)上毛新聞

95564a.jpg

​ソーシャルディスタンスを守りつつ、バイキングの準備をする、ジジババスタッフ

96977aa.jpg
95573.jpg

​ジジババ子ども食堂

新型コロナウイルス感染症の影響を受ける過程を支援しようと、

安中市のジジババ子ども食堂(宇佐見義尚代表)は、食材の無料配布を行った。
 

同食堂は毎月行っていた子どもたちを対象にした食事会を3月から中止し、

現在はドライブスルー方式で野菜や白米を無料配布するなどの支援を続けている。

 

今回は必要な食材を選んで持ち帰る「バイキング方式」を取り入れた。
 

宇佐見代表は「家庭の好みや人数を考えて食材を選べると、利用者から大変好評だった」

と話していた。

95480a.jpg

今回、⇧⇧⇧キャベツを提供してくださったのは、
脱サラ新規就農青年の清水さん✨

(無農薬野菜の宅配PureOrto主宰)
 

奥様は、武蔵小金井駅徒歩5分でパン工房を開業。
「びおりーの」イタリア語のバイオリン🎻の意味。
https://violino.tokyo/

95433.jpg
95590.jpg

28日は準備中はずっと雨でしたが、「バイキング配布開始時間」になると同時に晴れてきてくれるという嬉しい偶然がありました。

 

ジジババ子ども食堂に新たなスタッフも増え、総勢6名で賑やかに楽しく無事、6月の「ジジババ子ども食堂」も終えました。

 

尚、晴れてきても農園の土の状態がぬかるんでいるので、

予定していた「ジャガイモ堀り」は中止となり、それは残念でした。