• 宇佐見 義尚

『子ども食堂に玄米180キロ寄贈』


8月10日(水)


10時半から、安中市役所で 玄米180キロの贈呈式がありました。 プレスは、上毛新聞、東京新聞、市役所広報課が取材。 子ども食堂からは、永井さん、大塚さん、

池島さん、宇佐見が出席。 ------------------------------------------------- 「お米贈呈式スピーチ概要」 秋冬に向けて子ども食堂で使うお米が不足していたタイミングに

 驚きと感謝。 安中市農業委員会が子ども食堂に支援を下さることに感謝。 子ども食堂が出来て本年は10年目にあたり、

 子ども食堂の数は全国で6000箇所を超えた。

 群馬県は86箇所、安中は9箇所。 子ども食堂は、所得に関係なく子育て応援の活動。 安中市市民の看板活動の1つとして育てたい。 たまたま、本日に東急ハンズが運営するハンズ農園から

 冷蔵便で新鮮野菜の寄付があった。またケロッグ高崎工場が

 子ども食堂にケロッグ朝食をご寄付くださる

 プロジェクトを立ち上げた。

 いずれも安中市の子ども食堂活動に協賛してくれている。 ---------------------------------------------------- ---------------------------------------------------- 【上毛新聞:2022/08/12】 『子ども食堂に玄米180キロ寄贈』


【東京新聞:2022/08/12】

「子ども食堂へ玄米寄贈」



閲覧数:63回0件のコメント

最新記事

すべて表示